書くのはこの人 矢間大蔵でございます。

愛媛県宇和島市出身の 歳。みかんと家族を愛するおとっつあんです。めんどくさがりならではの坊主頭が
トレードマーク。でも意外と似合っていると評判なんですよ。誰が市川海老蔵やねん。
あ、あんまりふざけちゃいけないんで、以下マジメなプロフィールをどうぞ。

矢間大蔵

Daizo Yazama

1974年生まれ。

幼いころより文学系、読書三昧の少年時代を経てああ高校三年生。「ことばの仕事」を志して
以来いくとしつき。創業35年、小粒でもピリリとからい名門広告代理店、大阪谷町のジールプラン
ニングでコピーライターとして活躍するかたわら「自分の腕一本で自分の言葉を伝えたい」と、
関西最大級の書道会、浪速書道会三代目会長 故作田英嗣先生の門をたたく。

筆文字を生かした広告展開の実績多数。
2009年、2010年、浪速書道展において浪速賞連続受賞。

矢間大蔵イメージ 矢間大蔵イメージ 矢間大蔵イメージ
人生はめしである

座右の銘はこれです

これは尊敬する作家、椎名誠さんの格言です。ふざけている
ようでしかし、真実をついたことばだと思うんですよ。

いかに生きるかはいかに食べるかである。

僕もそう思うんだなあ。

今日の筆文字屋大蔵
書いたものをもっと見る
このページのTOPへ